大阪でデザインを身近に学べる場所へ。大阪のレンタルスペースTRUNK

大阪でデザインを身近に学べる場所へ。大阪のレンタルスペースTRUNK

本当にデザインに必要なスキルとは

designschool
デザインと言うのは、デザイナーだけのスキルだけでは無く、経営者、そこで働くスタッフ、営業マン、販売員など色々な職種に人がなれるスキルです。

絵が上手、デザインソフトが使える、フォントに詳しい。などそのようなスキルは本来重要ではありません。デザインの本質は、あくまで「課題解決」です。その「課題解決」出来るスキルこそが必要なスキルとなります。

課題課題への道しるべ(具体的な計画)さえ出来れば、それに対してもビジュアル作りは、デザイン作成ソフトに精通した人に協力してもらう。現状でもウェブサービスを利用すれば、安価もしくは無料で良いモノも作れる事が可能です。

近い将来AI機能が発達して、簡単にビジュアル作りが出来る世の中にきっとなでしょう。そうなれば、これからデザインと言う存在はもっと身近になるでしょう。

今後のデザインスクールの役割

レデザインスクール
デザインの必要性やイメージも変わりつつあり、今後は現在のデザインスクールのようなソフトの使い方を学ぶだけでは無く、本質的な部分を学べるスクールが増えて行けば良いと思っています。

デザイナーの仕事は本来、ある課題に対して、どのように解決して行くか。そしてその解決の為にどのようなアクションや具現化を行なって行くかを実行する職業でもありスキルでもあります。

そのようなスキルを持った人材は企業にとっても必ずプラスになるに違いません。そして、そのような人材が増えれば、もっと世の中が良くなると信じています。

その為には、現役デザイナーの方に、デザインの考え方を多くの人に広めて欲しいと願っております。

TRUNKでも様々なスキルをお持ちのデザイナーが集まり、学べ、発信出来る場所として協力させて頂きたいと思っています。

大阪のデザインスクールをTRUNKで!

Comments are closed.